外国人就労支援事業

在留資格〝技術・人文知識・国際業務〟とは

about
 ⼤卒程度の学歴要件を満たし、⾃然科学や⼈⽂科学分野の専⾨技術職、もしくは⺟国の思考・感受性を活かした国際業務に従事する外国⼈の⽅を受け⼊れるための在留資格です。
「知識」や「経験」が活かされる仕事であることが求められ、これらのスキルを要しない単純作業や ⾁体労働といった業務には従事できません。
入管法における 「技術・人文知識」「国際業務」
技術・人文知識
理学、⼯学その他の⾃然科学の分野若しくは法律学、経済学、社会学その他の⼈⽂科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務
国際業務
外国の⽂化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務
Business Type
就業可能業務
在留期間
在留期間は、5年・3年・1年または3か⽉となります。
更新の回数に制限が無く、⻑期的な就業が可能です。
就業可能業務の一例

システムエンジニア

機械エンジニア

CADオペレーター

ホテルフロント

通 訳

デザイナー

企業の語学教師

Merit
技術・人文知識・国際業務で雇用するメリット
⾼い専⾨性と⽇本語能⼒
「技術・⼈⽂知識・国際業務」では、外国⼈スタッフが従事しようとする業務に関連する知識や技術を⼤学や専⾨学校などで習得している必要があります。つまり、既に⼀定の経験や知識を有している専⾨性の⾼い⼈材を採⽤することができます。また、⽇本語⼒についてもN2レベル以上の⼈材を中⼼にご紹介しています。
⻑期雇⽤が可能
「技術・⼈⽂知識・国際業務」の在留資格は更新回数に制限がありません。雇⽤契約を結んでいる限りは⽇本で働き続けることができるため、⽇本⼈スタッフと同様、⻑期的な戦⼒として活躍が期待できます。
派遣形態での受⼊れもできる
これまで外国⼈スタッフを雇⽤したことがなく外国⼈の受⼊れに不安を抱える事業者様や、期間限定のプロジェクトにのみ従事させたい場合等は、派遣形態での就業も可能です。当社が直接雇⽤した信頼できる外国⼈スタッフを派遣しますので、ご安⼼ください。
Human Resources
当社の人材の特徴

主に、当社系列の⽇本語教育機関を卒業した⼈材をご紹介しています。このため、得意分野や性格、語学能⼒まで、個々の⼈物像を⼗分に把握しているため、貴社に最適な⼈材をご紹介することができます。また、⽇本語教育機関在籍中に、既に⽇本で⽣活する上でのルールやマナー、礼儀作法を指導しているため、⼊社後の教育負担を軽減することができます。

Flow to Work
入社までの流れ*直接雇用の場合*
01
各種条件のご確認
業務内容や就労条件、必要⼈数等、貴社のご要望を確認させていただきます。
02
契約締結
お⾒積り内容にご了承いただけましたら⼈材紹介基本契約を締結いたします。
03
候補者のスクリーニング
募集|選定
貴社のご要望に沿って、当社が有する外国⼈登録者のなかから最適な⼈材を選定いたします。
04
面 接
貴社の採⽤ご担当者様と候補者との⾯接を実施していただきます。
05
内定通知|雇用契約
⾯接結果を当社へご連絡いただきます。合格者の⼊社意思を確認し、当事者間で雇⽤契約を締結いただきます。
06
在留資格変更に伴う
手続き
事業者様にて、出⼊国在留管理庁に在留資格変更許可申請をしていただきます。
07
入 社
在留資格変更許可の⼿続きが完了しましたら、⼊社⽇をご調整いただき、就業開始となります。
FAQ
よくある質問
Q1
職業紹介⼜は派遣料⾦を教えてください。
就労形態やご要望の内容に応じて、都度、営業スタッフがお⾒積りいたします。
Q2
在留資格変更許可申請を代理してもらえますか?
在留資格変更許可申請の申請者は、本人または雇用主(事業者様)のほか一定の弁護士や行政書士等に限られています。ご希望に応じて行政書士等の専門家をご紹介させていただきます。
Q3
在留資格変更許可申請にはどれくらいの時間がかかりますか?
申請してから、標準処理期間は2週間〜1か⽉とされています。申請時期や申請数等の状況によって 前後する場合もありますので、余裕をもって進めていただくことをお勧めしています。
Q4
外国⼈スタッフの賃⾦⽔準は?
業務内容が⽇本⼈と同じ場合、外国⼈労働者の報酬は⽇本⼈と同等またはそれ以上であることが求められます。同種の仕事・同種の技術を持ちながら、報酬が⽇本⼈と⽐べて不当に低い場合は、不許可となりますのでご注意ください。
Foreign employment support